So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

面白部品創庫 オリジナル チョロQ [フィギュア]

面白部品創庫 オリジナル チョロQの紹介です


UP-83005-8e.jpg
△No,OTO4 トヨエースセット
 PK30系トヨエース(荷台幌付)・PK30系トヨエース(パネルバン)


UP-83006-8c.jpg
△No,OTO6 昔の働く車セット
 トヨペットクラウンパトカー(愛知県警)・トヨエースパネルバン(日通カラー)


どちらも発売元は株式会社タカラです


【ミニカー】
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

1980年トヨタ ブリザードのカタログです [自動車カタログ]

1980年(昭和55年)09月時のトヨタ ブリザードのカタログです
スキャナのサイズがA4サイズのため四隅が欠けています
恐れ入りますがご了承ください


bri-11.jpgbri-0.jpg
△裏/表・表紙です


bri-1.jpg
△自然があり 四季があり 熱いハートがある。そこに、ブリザード。


bri-2.jpg
△困難があり 克服があり 希望が生まれる。そのとき、ブリザード。


bri-3.jpg
△道があり、山があり ひたすら、走る姿がある。そのとき、ブリザード。


bri-4.jpg
△変化があり、決断があり すばやい反応が道を拓く。そのとき、ブリザード。


bri-5.jpg
△強さがあり やさしさがあり 秘めた、力がある。それがブリザード。


bri-6.jpg
△光があり 陰があり 真の美しさがある。それは、ブリザード。


bri-7.jpgbri-8.jpg
△写真は幌タイプ鋼板ドア(K-LD10-KY)
 電動ウインチおよびフリーホイールハブはオプション


bri-9.jpg
△街に人があり 荒野に風があり いつもドラマがある。そこに、ブリザード。


bri-10.jpg
△「上」 幌タイプ・鋼板ドア(レッド) L-LD10-KY
 「中」 幌タイプ・幌ドア(ブルー)L*LD10-KSY
 「下」 バンタイプ・鋼板ドア(イエロー)K-LD10V-KCY
 微ディー色は全車にホワイト・レッド・ブルー・イエローがあります





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

1981年のトヨタ コルサのカタログ [自動車カタログ]

1981年(昭和56年)02月当時のトヨタ コルサのカタログです

カタログをA4サイズのスキャナで取り込んでいますので
四隅が欠けていますので予めご了承ください

cor0.jpg
△表表紙

cor1.jpgcor2.jpg
△エンジョイエコノミー。いま、
 FFの合理精神が華麗さを語り始めた。
 現代を見つめてデビュー。シティスタイルの新型コルサ


cor3.jpgcor4.jpg
△オン・ザ・シティ
 はじめて出会った瞬間に、心が通じ合う。
 独創の縦置きエンジンとR&Pステアリングが
 こなしやすいFFを生んだ


cor5.jpgcor6.jpg
△常識を超えるとき、
 シティファッションが創造される。
 ホールド性を高めたシートをはじめ、いちだんと
 洗練された室内。華麗なGSLアベニュー仕様も誕生。


cor7.jpgcor8.jpg
△シティでは、優しいハートが必要だ。1300・16.5km/ℓ
 なめらかな3速フルオートマチック車も登場。
 充実の1300新シリーズ


cor9.jpgcor10.jpg
△4ドアというだけでは語りきれない。輝きのシティセダン
 FF+ロングホイールベースが新しいセダンの居住空間をつくり上げた。


cor11.jpgcor12.jpg
△青空とひとつになった。風と光がパートナーになる。
 SUN ROOF&MOON ROOF。
 スカイ・クルージングへの旅立ち
 脱着式サンルーフ&ムーンルーフ新登場。


cor13.jpgcor14.jpg
△ハードな生き方は、シティではひとつの勲章だ。
 走りを固めた3ドア1500Sに
 ハロゲンヘッドランプとサンルーフを標準装備。

cor15.jpgcor16.jpg
△タイヤハウスが消えたとき、おとな3人の会話が始まった


cor17.jpgcor18.jpg
△今日の気分に合わせる5ウェイキャビン
 シティの行動半径が広がった


cor19.jpgcor20.jpg
△ハイパワーを誇りながら、しかも低燃費。
 この両立が、時代の要求を高レベルで満たした。
△新型コルサは、走ることの本当の楽しさを教えてくれる。


cor21.jpgcor22.jpg
△エンジョイ・エコノミー。
 1300に、3速「フル」オートマチック新登場。
△新型コルサは、快適さの本当の意味を教えてくれる。


cor23.jpgcor24.jpg
△個性を表現せよ、洗練のシティ・セレクション


cor25.jpgcor26.jpg
△3DOOR


cor27.jpgcor28.jpg
△2DOOR/4DOOR


cor29.jpg
△装備一覧表


cor30.jpg
△TOYOTA FF コルサ主要諸元表


cor31.jpg
△裏表紙


cor32.jpgcor33.jpg
△新型コルサ新車現金価格表
 1981年(昭和56年)03月現在のものです


cor34.jpg
△ご参考までに FFターセル 1980年(昭和55年)09月現在の価格表です


3ドア車のリヤハッチがおしゃれで気に入ってしまい
私が買った車は
ターセルの1300cc 3ドア ハイデラックス 白でした

nice!(0)  コメント(0) 

PUTITTO'SERIES シバイヌ [フィギュア]

フィギュアのPUTITTO'SERIES シバイヌの紹介です

UP-81701a.jpg
シバイヌ/赤毛(のりこえ)

UP-81702a.jpg
シバイヌ/赤毛(ひっかかり)

UP-81703a.jpg
シバイヌ/胡麻毛(ぶらさがり)

UP-81704a.jpg
シバイヌ/胡麻毛(いねむり)

UP-81707a.jpg
シバイヌ/白毛(ぶらさがり)

UP-81708a.jpg
シバイヌ/白毛(いねむり)


 対象年齢15才以上
 販売者:株式会社 キタンクラブ
 MADE IN CHINA
 コップのフチに引っ掛けるアクセサリーです
 (フチの厚み、形状によっては乗せにくい場合があります)


 フィギュア



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2006年トミカ&プラレール カタログ [自動車カタログ]

カテゴリーの趣旨からはちょっとずれていますが
タカラトミーの2006年「トミカ&プラレール カタログ」です

2006-01.jpg
↑ 表表紙です


2006-02.jpg
↑プラレールセット つなげて遊べば、楽しさも広がるね!


2006-03.jpg


2006-04.jpg


2006-05.jpg


2006-06.jpg

2006-07.jpg
↑プラレール車両


2006-08.jpg
↑プラレール部品


2006-09.jpg
↑プラレール情景部品


2006-10.jpg
↑きかんしゃトーマスとなかまたち


2006-11.jpg


2006-12.jpg


2006-13.jpg


2006-14.jpg
↑ハイパーレスキュー


2006-15.jpg


2006-16.jpg
↑トミカシリーズ 毎月第3土曜日は新しいトミカが登場!


2006-17.jpg


2006-18.jpg


2006-19.jpg


2006-20.jpg
↑トミカワールド トミカでいろんなアクションを楽しもう!


2006-21.jpg
↑トミカの遊びがどんどん広がる!集めて楽しいトミカワールド。


2006-22.jpg
↑トミカワールド おでかけにぴったり!トミカといっしょだね!


2006-23.jpg
↑トミカタウン トミカの街で、キミとトミカを走らせよう!


2006-24.jpg
↑トミカギフトセット セットだからプレゼントにもぴったり!


2006-25.jpg
↑トミカリミテッド/ヴィンテージ/トミカエブロ


2006-26.jpg
↑大人気!トミカトーマスシリーズ!


2006-27.jpg
↑ディズニートミカコレクション/ディズニーエアロアールシー


2006-28.jpg
↑ますます充実のトミプラグッズ!!


2006-29.jpg
↑新製品もどんどん登場、要チェックだ!


2006-30.jpg
↑ますます充実のトミプラグッズ


2006-31.jpg
↑新製品もどんどん登場、要チェックだ!


2006-32.jpg
↑裏表紙


2006-50.jpg
↑これはカタログとは別物ですで一緒に挟まっていました?
 2006年01月の新車パンフレットです

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

1984年06月 トヨタ MR2 カタログ [自動車カタログ]

1984年06月のトヨタ MR2カタログです
スキャナがA4サイズなものでですから四隅に欠けがございます
ご了承ください

MR-201.jpg
△表表紙です (The Midship)
 

MR-202.jpgMR-203.jpg
△背中には ふたりを酔わせる ハートがある。


MR-204.jpgMR-205.jpg
△ミッドシップ。
 そのメカニズムの中にファントゥドライブがある。


MR-206.jpgMR-207.jpg
△ツインカム16バルブ。
 鮮烈のパワーユニットは、最高のポジションに腰をすえた。
 MR2 G-Limited


MR-208.jpgMR-209.jpg
△風のシルエット。その輝きは新鮮なコスチュームになった
 MR2 G


MR-210.jpgMR-211.jpg
△ピュア2シーター。それだけでプライベートな香り。
 MR2 S


MR-212.jpgMR-213.jpg
△ザ・ミッドシップ フィーリング
 ヒトとクルマがひとつになる時、
 走る喜びは新しい次元になる。


MR-214.jpg
△Twin cam 16 Valve
 ハートは16バルブ。ミッドシップ特性を最大限に生かす LASRE 4A-G搭載


MR-215.jpg
△New Concept Suspenshion
 足はペガサス。新しいテクノロジが快走シーンを演出する。


MR-216.jpgMR-217.jpg
△コックピットはOnly You。
 じぶんだけの時間にスポーツマインドがこだまする。


MR-218.jpgMR-219.jpg
△インテリアはOnly Two。
 選ばれたふたりのために、この空間がある。


MR-220.jpgMR-221.jpg
△走るたびに楽しさが大きくなる。それがMR2のファントゥドライブだ。


MR-222.jpg


MR-223.jpgMR-224.jpg
△必要十分なエクイップメントが、走りの基本を支える。


MR-225.jpg
△MR2 装備一覧表


MR-226.jpg
△MR2 主要諸元表

MR-227.jpg


MR-228.jpg
△裏表紙


MR-229.jpg
MR-230.jpg
△トヨタビスタ神奈川 昭和59年06月08日現在の価格表です
nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:自動車

1981年04月のトヨタ ハイエース カタログ [自動車カタログ]

1981年(昭和56年)04月版のトヨタ NEWハイエース WAGONのカタログです

スキャナがA4サイズまでなので上下、左右に欠けがございます
予めご了承ください

01.jpg
△表表紙 スーパーカスタム・サンルーフ「新登場」


02.jpg03.jpg
△電動サンルーフの登場で、さらに豪華さをました
 広々スペースのNEWハイエースワゴン。
 真のワゴンライフを存分にエンジョイしていただけます。


04.jpg05.jpg
△くつろぎの広々キャビンに、「おしゃべりの楽しさ」を加えました
 スイングウェイ対面シートを新採用
 シート間(レッグスペース)広さは、なんと510mm


06.jpg
△1人対3人。2人対3人。と向かいあえる
 NEWハイエース・ワゴンならではのスイングウェイ対面シート
 (スーパーカスタムに標準装備)


07.jpg
△冷気配分の良いオーバヘッドデュアルエアコンと
 開放感あふれた電動サンルーフ。爽やかなキャビンを実現しました


08.jpg09.jpg
△燃費と静かさに優れたO.D.(オーバードライブ)付4速オートマチックを新設
 (ディーゼル車のスーパーカスタム、カスタム)
 広くゆったりしたシートに「いたるまで、ラクラクドライブを実現した運転席です。


10.jpg11.jpg

12.jpg

13.jpg


14.jpg


15.jpg
△裏表紙
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

日産「サニーカリフォルニア(1990年11月)」のカタログ [自動車カタログ]

日産自動車株式会社の「サニー カリフォルニア(1990年11月)」のカタログです
毎度のことながらA4サイズのスキャナしか持っていないので
ページの四隅が欠けていますのでご了承ください

nsc-01.jpg
表表紙です


nsc-02.jpgnsc-03.jpg
海の人と、山の人と遊ぶ。
 1500フルオート・フルタイム4WD TypeB


nsc-04.jpgnsc-05.jpg
Type B
 1500フルオート・フルタイム4WD TypeB


nsc-06.jpgnsc-07.jpg
Type A
 1500 Type A


nsc-08.jpgnsc-09.jpg
SOFT & COMFORTABLE
 カリフォルニアで行けば目的地まで
   ず~っと快適に過ごせるその理由 1~10


nsc-10.jpgnsc-11.jpg
SPACE & UTILITY
 カリフォルニアで行けば目的地で
   な~んでもできちゃうその理由 1~6
 1500フルオート・フルタイム4WD TypeB


nsc-12.jpgnsc-13.jpg
SAFETY & ENJOY
 カリフォルニアで行けば目的地へ
   なんなく着けちゃうその理由 1~9


nsc-14.jpgnsc-15.jpg
OPTION
  上:TypeA 1500 Type A
  下:TypeB 1500フルオート・フルタイム4WD Type B


nsc-16.jpg
サニー カリフォルニア装備一覧表


nsc-17.jpg
サニー カリフォルニア主要諸元


nsc-18.jpg
裏表紙です
 週末はカリフォルニアとお過ごしください


nsc-19.jpg
新型 サニー カリフォルニア価格表(1990年10月04日現在)


nsc-20.jpg
nsc-21.jpg
新型 NXクーペ価格表(1990年01月11日現在)


nsc-22.jpg
OPTIONAL PARTS NX COUPE


end_up宇電研
nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

「日産 サニーカリフォルニア」1987年(昭和62年)カタログ [自動車カタログ]

1987年(昭和62年)の日産自動車株式会社 サニー カリフォルニアのカタログです
(このカタログは昭和62年10月現在のものです)

A4サイズのスキャナしか持っていないので
 カタログページの四隅が欠けていますのでご了承ください


nsc00.jpg
表表紙です


nsc01.jpgnsc02.jpg
新しいカリフォルニア。なにげないシーンが、斬新です。
1500 FULL AUTO FULL TIME 4WD SUPER SALOON-E


nsc03.jpgnsc04.jpg
自然に、身体が動いてしまいます。
1500 SUPER SALOON


nsc05.jpgnsc06.jpg
さりげなく、友だちみたいです。
1500 EX SALOON


nsc07.jpgnsc08.jpg
気持が、いつもライブです
1500 FULL AUTO FULL TIME 4WD SUPER SALOON-E


nsc09.jpgnsc10.jpg
身体が、深呼吸しています。
1500 FULL AUTO FULL TIME 4WD SUPER SALOON-E


nsc11.jpgnsc12.jpg
基本から進化した、スパーインテークエンジン。
走りをパワフルに変える、新しい高性能です。
PLASMA-GA15S


nsc13.jpgnsc14.jpg
走りを変えた、フルオート・フルタイム4WD。
とても身近な、最先端です。


nsc15.jpgnsc16.jpg
この一台で、あなたの行動半径がぐんと広がります。
 上から
 1500 SUPER SALOON
1500 EX SALOON DIESEL 1700 EX SALOON-D
 1500 DX
 1500 FULL AUTO FULL TIME 4WD SUPER SALOON-E
 1500 FULL AUTO FULL TIME 4WD EX SALOON


nsc17.jpg
販売会社装着オプションとカリフォルニア装備一覧


nsc18.jpg

nsc19.jpg
カリフォルニア主要諸元、エンジン主要諸元とボディーカラー・シート地の組合わせ


end_up宇電研

東日本フェリー’93年時刻表 [東日本フェリー株式会社]

東日本フェリー株式会社の1993年時刻表です('93.4.1実施)


h-00.jpg
表表紙です
 自由に11航路
 首都圏へ輸送力倍増。平成5年(1993年)11月中旬より室蘭~大洗航路週6便に増便となります。

画像は岩内~直江津間 新造船「はあきゆり」とジェットフォイル「ゆにこん」函館~青森間100分の2船です


h-01.jpg
ご予約・お問合せはお電話で 全航路案内
1993年当時のもので電話番号にはかけないで下さい


h-02.jpg
ご利用にあたって
運賃について


h-03.jpg
発着地別航路案内



h-04.jpg
航路就航船案内


h-05.jpg
1:岩内~直江津~室蘭


h-06.jpg
2:室蘭~大洗


h-07.jpg
3:苫小牧~仙台


h-08.jpg
4:苫小牧~八戸


h-09.jpg
5:室蘭~八戸


h-10.jpg
6:室蘭~青森


h-11.jpg
7:室蘭~大畑


h-12.jpg
8:函館~青森


h-13.jpg
9:函館~大間


h-14.jpg
10:函館~野辺地


h-15.jpg
11:福島~三厩(季節航路)


h-16.jpg
12:函館~青森 ジェットフォイル


h-17.jpg
乗り場案内 上越(直江津)と岩内


h-18.jpg
乗り場案内 大洗と室蘭


h-19.jpg
乗り場案内 仙台と苫小牧


h-20.jpg
乗り場案内 八戸と大間・大畑


h-21.jpg
乗り場案内 青森と函館


h-22.jpg
乗り場案内 ジェットフォイル 青森と函館


h-23.jpg
乗り場案内 野辺地、福島、三厩


h-24.jpg
20:道南自動車フェリー(貨物フェリー)からのご案内


h-25.jpg
広告 石炭の歴史村


h-26.jpg
広告 川崎重工


h-27.jpg
裏表紙 広告 NEC



end_up宇電研
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。